• ホーム
  • 血管拡張作用のあるシアリスに用量の規格が3タイプ

血管拡張作用のあるシアリスに用量の規格が3タイプ

シアリスは、バイアグラとレビトラに続いて第3のED治療薬として登場した薬です。
薬効成分はタダラフィルで、体内の酵素のうち、拡張したくさんの血液が流れこんでいる陰茎海綿体の動脈血管を弛緩させて勃起を終わらせる酵素の働きを阻害する効果があります。
この勃起終息酵素の作用を邪魔することで勃起を持続し、ED症状を治療します。
有効成分のタダラフィルがどのくらい含まれているかによって、シアリスの用量には3つの規格があります。

従来のED治療薬バイアグラとレビトラの主成分も、タダラフィル同様に陰茎海綿体の血管の拡張と血流に維持に作用しますが、シアリスの主成分であるタダラフィルにはバイアグラやレビトラにはない特徴があります。
それは、用量にもよりますが24時間から36時間と薬の効果の持続時間が格段に長いことと、一度体内に吸収されてしまえばある程度の食事をしても薬の効果には影響がないという点です。
そのためバイアグラやレビトラを使用して性行為がいつになるかを気にしながら空腹のタイミングで薬を服用し、効果が切れないうちにと慌ただしく性行為に及んでいた男性はプレッシャーから解放され、大人気のED治療薬となりました。

シアリスは、その効果の持続時間の長さから欧米などではウィークエンドピルとも呼ばれています。
ウイークエンドピルというのは、1錠飲んでおけば週末にたっぷり性生活を楽しめるという意味です。
用量によって効果の持続時間が異なりますし、欧米人の体格に合わせて配合されているということもありますから、シアリスの使用にあたっては医師とよく相談して用量についてのアドバイスを受けと安心です。

なお、血管の拡張や血流に作用する薬なので、シアリスの使用にあたっては血圧など循環器系の既往がある方は医師と十分な相談が必要です。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧